スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    人を好きになる心理~間欠強化~

    みなさんお疲れ様です。暗中模索中です!!昨日載せた記事は出来が良くないので別の機会にしようと思います。

    さて、今回の記事は人を好きになる心理シリーズの間欠強化について書いていきたいと思います!

    それでは参りましょー!!!!

    間欠強化とは、毎日プレゼントをもらうよりも、年に一回、半年に一回プレゼントもらえたときのほうが喜びも大きく、また、待ち遠しくなってしまうことをいいます。

    アメリカの心理学者スキナーがある実験をしました。

    まず、スキナーボックスという装置(レバーを押すと餌が出てくる仕組みのもの)に絶食状態にしたマウスを一匹入れました。

    また、同様のスキナーボックスをもうひとつ用意し、その中に絶食状態のマウスを一匹入れました。

    計2台で実験を行うのですが、片方の装置にはレバーを押すと常に餌が出てくる設定を施し(パターン1)、もう片方の装置にはレバーを押すと餌が出てくるとき、出てこないときがランダムに出てくるよう設定しました。(パターン2)。

    パターン1を片方のマウスに学習させ、パターン2をもう片方のマウスに学習させました。

    両方のマウスにレバーと餌の関係を学習させたあと、両方の装置の設定を同時に、レバーを押しても餌が出てこない設定に変更しました(パターン0)。

    すると、常に餌が出てくるとパターン1で学習していたマウスはすぐに諦めたのに対し、ランダムに餌が出てくるパターン2で学習していたマウスのほうが長時間レバーを押し続けるという結果になりました。

    なんとなーくわかりますか?

    イメージがうまくわかないと思いますが、私たちは常日頃からこの間欠強化を体験しているんですよ?

    例えば、ギャンブルがイメージしやすいかもしれないですね。完璧なパターン2ですね!笑

    私はギャンブルの間欠強化の罠にハマッてしまっている訳です!笑

    他にも

    毎月定期的にもらっていた給料が今月から下がりますと言われたら止めたくなりますよね?パターン1からのパターン0ですね!

    好きな人から時々連絡が来ていたのに、急に来なくなったら不安な気持ちになりつつも待ち続けちゃいますよね?パターン2からのパターン0です!

    また、期待しているものやことが急に来なくなってしまった場合、それに対して意識が強くなり、それが返ってきたときの喜びは普段感じているものよりも高くなります。5回に1回ぐらいが丁度いいみたいです。(場合によりますが。笑)

    つまり、ダメ男ばかりを好きになってしまうそこのあなた!間欠強化されていませんか!?ってことですね。笑

    恋愛でいうところの焦らしにあたる部分だと思いますので、相手の気持ちをもう少し惹きつけたいのであればこのテクニックを使ってみるのも一つの手かもしれないですね。(使いすぎは禁物ですよ!)

    それでは今日はこの辺でGood bye!!!
    スポンサーサイト

    人を好きになる心理”受容”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。

    今回のテーマの反復効果、繰り返し効果なのですが、以前投稿した単純接触効果と同じ意味だったみたいなので次のテーマの受容について書いていきたいと思います。
    ただ受容について調べたのですが、範囲が広すぎたため受容のプロセスに焦点を当てて書きます。

    それでは参りましょー

    人はショックな出来事、変化等さまざまな事を体験します。それを真正面から受け止めるとストレスが強すぎてしまうので、5段階のステップを踏みストレスを軽減しながら自分の中に受け入れて(受容)いきます。
    エリザベス・キューブラー・ロスさんという方が、人にとって究極のショックである死について人はどんな反応をとり、どのように受け入れていくのかを深刻な病状をもつ患者を対象に観察しました。そこで人は5段階のステップを踏んで死という現実を受け入れていることを発見しました。

    1、否認と隔離
    ショックな出来事が起こった時、ストレスをまともに受けないように否認、隔離が起こる。
    自分とは関係ない。知ったこっちゃないって感じですね。なんとなくわかります。

    2、怒り
    その受け止めたくない現実を受け止めざるえなくなると、怒り、恨みによってストレスを緩和させようとする。このとき周りに対して八つ当たり等を起こしやすくなるので、周囲から人が離れていきやすい。
    何で俺だけ!!俺がこんなに苦しんでいるのに何でお前らは遊んでるんだ!!って感じですね。これもよくわかります。

    3、取引
    神、仏などに対して「~はいらないから、命だけは助けてください。」等お願いするようになる。
    困った時の神頼みってやつですね。わかります。

    4、抑うつ
    1~3のステップを踏んでいよいよそれが無駄であるということを理解し抑うつ状態になる。
    一番しんどい時期ですね。

    5、受容
    自分の終わりを受け入れ静かに最後の時を迎えられるようになる。
    覚悟ができた状態です。

    以上に記したことがエリザベス・キューブラー・ロスさんが提唱した受容に至るまでのプロセスです。悲観のプロセスともいいます。

    この悲観のプロセスは死に対してだけ起こるものではなく、小さなショック、変化でも同様のステップを踏みます。
    また、この段階通りにプロセスが進むわけではなく、人によっては一段階飛び越えたり、行き来したりする人もいます。
    小さなショックであれば30秒程度で悲観のプロセスを終えることもあれば、何十年とかかってしまう人もいます。
    プロセスの段階でなくなってしまうこともあります。
    ただ、基本的に人は何かを受け入れようとするときこのステップを踏んでいるそうです。
    私もよくよく思い返してみると確かにあの時そうだったなぁと思うことが結構ありました。

    今回は人を好きになる心理とは若干道が外れてしまいましたが、豆知識として知っておくことで自分を客観的にみれるようになるかもしれないので許してください!

    それでは今日はこの辺で!!

    人を好きになる心理”好意の返報性”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。最近の生甲斐がギャンブルになってきた気がします。笑

    最近雑記ばっかり投稿していたので久しぶりのメインテーマの更新になります。

    それでははじめましょー

    好意の返報性とは、自分に対して好意を持って接してきてくれる人には好意を持って接したくなるという心理のことをいいます。
    ただし、その好意はさりげないものでなくてはならないのです!わざとらしくなってしまうと何か意図があるのではないか?と疑われてしまいます。無償の愛が大事になってくるんですね。
    これは相当難しいですが異性とのコミュニケーションでも同性とのコミュニケーションでも大事なことなんです。
    好意を持ってくれているほうがコミュニケーションも円滑に進みますし、なにより自分も相手も楽しく日常を過ごせます。
    そのためには、まず自分から相手のことを好きになる必要があります。

    さらに初対面での印象が良いとこの人は良い人だというイメージが強く残ります。(初頭効果
    初対面の人をさりげなく褒めることも強烈な効果があり、相手の方はとても嬉しく感じます。(アロンソンの不貞の法則

    好意の返報性についての実験でこんな実験がありました。
    デニスリーガン博士という方は、美術鑑賞という名目で二人一組になってもらいその方に絵画の評価をするようにと指示を出しました。実は二人のうちの一人は、サクラ(実験をしている側の人間)なのです。そのサクラが休憩時間に飲み物を買いにいき、実験に参加した何組かには自分の分と相手の分を与え、他の何組かの時は自分の分しか買ってこないという行動を取りました。絵画評価が終わった後にそのサクラは被験者に対して宝クジを買わないかと問いかけてみました。さらに実験が終わった際にサクラへの印象調査を行った結果4つのグループの中で購買数に違いがあることがわかりました。

    実験終了後は好印象でかつ飲み物を買ってもらったグループ(A)
    好印象だが飲み物は貰ってないグループ(B)
    悪印象だが飲み物を貰ったグループ(C)
    悪印象なのに飲み物を貰ってないグループ(D)

    これがその4種類のグループです。

    宝クジの購買数
    (A)1.9枚
    (B)1.0枚
    (C)1.6枚
    (D)0.8枚

    この結果から印象が悪くても好意を受けた人は、相手に対して好意で返したくなるということがわかりました。
    実験の結果でも出ているのである程度は信憑性は高いと思います。

    異性や同性に好かれる人気者になるためにはまず人を好きになることを意識していくと良いのかもしれないですね。

    それでは今日はこの辺で!

    人を好きになる心理”相補性の法則”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。

    本日は相補性の法則について書いていきたいと思います。

    相補性の法則とは、お互いの足りない部分を補える関係であるとき親近感が高まることをいいます。Aさんに足りない部分をBさんが、逆にBさんに足りない部分をAさんが補う関係ですね。

    この相補性の法則は、先日投稿した類似性の法則とは逆で似ている部分が無くても親近感が沸くというのがポイントです。似てたほうが良いのか、似てないほうがいいのかどっちなんだよ!!と思っている方もいると思うので詳しく書いていきたいと思います。

    人は初対面のとき類似性の法則で親近感を感じます。ある程度仲良くなってくると今度は自分が持っていなく、相手が持っているものを探し始めます。つまり自分が困ったとき助けてくれそうな人かどうかを判断するわけです。

    この「自分が持っていない」という感覚は、飢餓状態に近く、解消してくれる人を強く求めるものなんです。

    例えば、マンネリ化しているカップルの女性に他の男性が優しくすると、その男性を魅力的に感じるはずです。
    それは、「今の彼氏にもっと興味を持って欲しい、優しくして欲しい、褒められたい(自分がもっていないもの、求めているもの)」を他の男性に解消してもらえるからなんです。

    他には、怒られたあとに慰められる、振られた後に話を聞いてくれるなど様々なシチュエーションがあります。
    さらにこの相補性の法則は、類似性の法則よりも遥かに強い親近感を抱きます。そのため好きな異性に親近感を抱いてもらいたい時は相手が必要としている物や事を解消してあげることがとても重要なんです。

    ただお互いが長く良い関係を続けていくためには、「お互いに与え合える関係」であることが大切です。

    ある実験では、支配したい男性ー服従したい女性の様に性格の違いが見られる夫婦のほうが愛情が強いという結果がでています。逆もまたしかりです。

    人は本能的に助け合える人を探しているということですね。このテクニックを活かして恋愛上手になりましょう!

    それでは今日はこの辺で!!

    人を好きになる真理”類似性の法則”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。

    それでは類似性の法則について解説していきたいと思います。

    類似性の法則とは、「共通点のある者、似たもの同士が仲良くなりやすいこと」をいいます。共感する部分が多いということですね。

    初めての職場や学校で一番仲良くしようとする人は距離が近い人とです。具体的にいうと席が近い人や出席番号が隣の人です。これを「近接要因」といいます。
    次の段階(ある程度話せるようになった時)で仲良くなりやすくなるのが共通点が多い人です。これを「類似性の法則」といいます。具体的には、以前同じ学校だった、趣味が同じ、やってた部活が同じだった等などです。

    みなさん今までの経験を振り返るとこのステップで仲良くなっていったのではないでしょうか。私はズバリ当てはまりました。一番初めに仲がよかった人としばらく経つと自然とそこまで仲が良くない状態になってました。

    この法則を利用して異性や同姓と親しくなるためには、話しながら共通点を探っていけばどんどん仲良くなれる可能性が高いです。共通点が多くなれば会話をする機会も増えていくので更に親密になっていけると思います。ただ注意点としては、質問攻めするのはダメですよ。めんどくさい人と思われてしまいます。

    マーロンさんは1000人の被験者に対して長く友人関係を保っている人に共通点がどれだけあるのかを調査する実験を行いました。
    その結果、友人関係が長く続いている人ほど宗教、学歴、趣味など様々な共通点が多いことがわかったのです。

    他の方の実験で、カップルと夫婦に対して同様の実験を行いました。
    その結果カップルよりも夫婦のほうが共通点が多いこともわかりました。

    つまり、共通点が多ければ多いほど仲良くなりやすく長続きしやすいということが実験で証明されているんですね。

    ただ、共通点がなければ親しくなれないわけではなく「相補性(相手と自分の足りないところを補える関係)」や「ミラーリング(相手の動作をバレないように自然に真似すること)」、「開放性の法則(相手の以外な一面を知ると好意を持ちやすくなること)」など様々なテクニックがあるのでそれらを駆使して好意を持たれる人間になることも出来るでしょう。

    好きな子を射止めることを真剣に考える生甲斐模索中でした。それでは今日はこの辺で!
    プロフィール

    生甲斐模索中

    Author:生甲斐模索中
    みなさんこんにちは!生甲斐模索中です!

    理系大学(専攻は有機化学)を卒業。

    今は販売職をしている23歳です。






    私達は日常の中で疑問に思うことがたくさんありますよね?

    ただ生活が忙しく調べている時間も気力もなくそんな些細な

    疑問は日々の雑踏の中に消えてゆきます。事実私もその中の

    一人です。

    そんな現実を打破すべくこのブログを立ち上げました。私は

    バカなので(笑)調べるのに時間がかかると思いますが、バ

    カな私が理解できるようなまとめを作って投稿していきます

    ので恐らく内容のわかりやすい記事になると思います。




    リクエストも受け付けてるのでよかったら連絡してください

    ね!!

    最新記事
    最新コメント
    最新トラックバック
    月別アーカイブ
    カテゴリ
    フリーエリア
    検索フォーム
    RSSリンクの表示
    リンク
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    クリック!クリック!

    FC2Blog Ranking

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。