FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    「弱い」リーダーが最強のチームをつくるを読んで

    みなさんお久しぶりです。

    多忙の為ブログの更新をしばらくお休みさせて頂いておりました。

    最近は仕事が大分落ち着いてきたので、またブログを再開したいと思います。


    なぜ多忙だったかの理由を説明します。

    実は仕事でリーダーになりまして、今までの働き方とは異なった視点を求められるようになりました。

    かと言って誰かに親切、丁寧に教えてもらえるわけではなく、なにも分からない、なにも出来ない状況に陥っています。

    それでも関係なくリーダーとしての責任は日を追うごとに大きくなっていきます。

    そこで、このままではいけない。潰れてしまうと思い、どうにかならないものかと考え始めました。

    日々の業務に忙殺されそうになりながら、毎日思案していたところ、まずは知識を詰め込まないことには始まらないという考えに

    辿り着きました。思い立ったが吉日で帰宅途中に本屋さんに寄り、閉店間際だった為、店員さんの圧を感じながら早足で

    それらしき本を探しました。ふと、「弱い」という言葉に目が止まりました。

    表紙を見てみると 「弱い」リーダーが最強のチームをつくる と書いてあります。

    自分の弱さには自信のある私はこれだ!と思いその本を読むに至りました。

    今回はその 「弱い」リーダーが最強のチームをつくる を読んで感じたことを書いていきたいと思います。


    ・メンバーは公平に扱う

    メンバー(部下)には色々な人がいます。

    人によって長所や短所は様々で、良いところもあれば悪いところもありますよね。

    例えば、大らかな人は動きが遅いとか、活発だけど言い方が厳しい人もいます。

    そういったメンバーの働く環境を整え、働きやすくするのがリーダーの務めであると書いてありました。

    注意すべき点としては平等に扱うのではなく公平に扱うことが大切です。

    さて、平等と公平は具体的にどう違うのでしょうか。


    「平等」
    個人の資質、能力、努力、成果に関係なく一定の規則通りに遇するシステムとなっ
    ていること。
    「公平」
    すべての人に対し、機会が均等に与えられており、成果を上げた者が評価され、報
    われるシステムとなっていること。
    参考元NEVERまとめ


    つまり平等とは固定給、公平は歩合給のようなものでしょうか。私はそう認識しました。難しいですね。笑

    また、公平に部下と接する場合注意しなければいけない点があります。

    ・成果の定義

    ・計画表の作成

    ・進捗の報告

    この3点をリーダーはしっかり管理しなければいけません。

    なぜなら、平等なルールで部下は働いていないため(職場環境が一律ではない)ため容易にサボれる、サボりやすい環境に

    なるからです。

    そのため上記の3点を確認しておかないと、部下が楽なほうへ楽なほうへ流れていき、サボるのが当たり前になってしまいます。

    そうなると悪い影響のほうが人に伝わりやすいため、職場全体がそのような雰囲気になりかねません。

    また、公平に接する場合はそれをどうしてそうしているのかを部下全員に伝えなければなりません。

    例えば、傍からみたらわからないような痛み(腰痛など)を持っている部下に重いものを持たせないよう配慮したとします。

    それは、なにも知らない部下達からしたら不満に思う出来事のはずです。なんであいつだけとか。

    それを未然に防ぐためにも部下全員に説明をして理解してもらうことが必要です。

    それがリーダーの責任です。

    まだまだ書きたいことはありますが、今日は疲れたのでまた次の記事で書きたいと思います。




    参考文献:「弱い」リーダーが最強のチームをつくる 島津良智



    スポンサーサイト

    睡眠改善プロジェクト0401-0430まとめ

    0401-0430.png
    4月1日から4月30日までの睡眠データまとめ

    取り忘れた日もありますが、一か月分のデータをまとめてみました。

    こう見てみると最初のほうが心拍数が低くてよく眠れてますね。笑

    なんでだろう?やはり最初だから睡眠に関してかなり気を使っていたからかな?

    少なくとも後半と比べると前半のほうが睡眠時間はかなり多く取っていたと思います。

    大体7時間から8時間かな?よく眠っていました。

    後半のほうになると慣れてきたのかどんどん睡眠時間が短くなっていってますね。

    良くないことです。

    ところで睡眠改善のためにやっていたこと、やっていることもまとめておきますね。

    ・カフェイン断ち(継続中3週間くらい?)

    ・リラックスナイト(めんどくさくて飲むのやめました。笑)

    ・睡眠前に40度のお風呂に20分くらい浸かる。自律神経調整と熟睡のため(継続中)

    ・瞑想(してはいるけど、すぐ寝てしまうので効果はわからない。笑)


    一か月間睡眠データを取って分かったこと

    20180422.png

    この画像を見るとわかるのですが、長時間の睡眠(7~8時間)を取れた時は眠り始めと明け方に深い睡眠が表れています。

    反対に4時間ぐらいの睡眠しか取れなかったときは、深い睡眠はほぼほぼ取れていませんでした。

    眠り始めの3時間が一番睡眠が深くなりやすいって聞いてたけどどうしてでしょう?

    リラックスしきれてないのが原因なのか。それともサーカディアンリズムが関係してるのか。

    まぁ、個人差があることなので気にしてもしょうがないですね。笑

    ひとまず長時間の睡眠がとれるように意識して睡眠改善プロジェクトを進めていきたいと思います。


    睡眠改善のための行動で一番効果的だったことは?

    間違いなくカフェイン断ちです!

    睡眠が深くなったかどうかはまだわからないですが、寝付きが半端ではないぐらい良くなりました。

    例えば、電車移動の時間、休憩中に数分でも寝れるようになったことで、脳疲労を要所要所で回復できるようになりました。

    数分の仮眠でも結構さっぱりするものですね。

    以前は目を閉じているだけだったのが、しっかりとウトウトできるのが大きいです。

    でも一度も乗り過ごしたりはしていないので、恐らく断片的な眠りなんだと思います。

    今までは夜寝るときも時間が必要で、むしろ寝れないときもあったぐらいなんですけども

    カフェイン断ちをしてからすぐ寝付けるようになりました。結果として寝入るのに必要な時間を

    睡眠にあてられるようになったので、トータルの睡眠時間はかなり多くなっています。


    睡眠改善プロジェクト一か月まとめ(4月1日から4月30日)

    ・短時間睡眠では深い睡眠は得られない

    ・長時間睡眠の場合、寝始めと明け方に深い睡眠が表れた

    ・カフェイン断ちにより、以前よりも遥かに寝付きが良くなった。



    あなたは優しい人ですか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加

    にほんブログ村 ニュースブログへ
    にほんブログ村


    人気ブログランキング

    ご協力頂けたら幸いです
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    プロフィール

    生甲斐模索中

    Author:生甲斐模索中
    みなさんこんにちは。
    ご覧頂き誠にありがとうございます。
    生甲斐模索中です。
    理系大学(専攻は有機化学)を卒業。
    今は販売職をしている27歳です。

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。