FC2ブログ

    スポンサーサイト

    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。

    人を好きになる真理”類似性の法則”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。

    それでは類似性の法則について解説していきたいと思います。

    類似性の法則とは、「共通点のある者、似たもの同士が仲良くなりやすいこと」をいいます。共感する部分が多いということですね。

    初めての職場や学校で一番仲良くしようとする人は距離が近い人とです。具体的にいうと席が近い人や出席番号が隣の人です。これを「近接要因」といいます。
    次の段階(ある程度話せるようになった時)で仲良くなりやすくなるのが共通点が多い人です。これを「類似性の法則」といいます。具体的には、以前同じ学校だった、趣味が同じ、やってた部活が同じだった等などです。

    みなさん今までの経験を振り返るとこのステップで仲良くなっていったのではないでしょうか。私はズバリ当てはまりました。一番初めに仲がよかった人としばらく経つと自然とそこまで仲が良くない状態になってました。

    この法則を利用して異性や同姓と親しくなるためには、話しながら共通点を探っていけばどんどん仲良くなれる可能性が高いです。共通点が多くなれば会話をする機会も増えていくので更に親密になっていけると思います。ただ注意点としては、質問攻めするのはダメですよ。めんどくさい人と思われてしまいます。

    マーロンさんは1000人の被験者に対して長く友人関係を保っている人に共通点がどれだけあるのかを調査する実験を行いました。
    その結果、友人関係が長く続いている人ほど宗教、学歴、趣味など様々な共通点が多いことがわかったのです。

    他の方の実験で、カップルと夫婦に対して同様の実験を行いました。
    その結果カップルよりも夫婦のほうが共通点が多いこともわかりました。

    つまり、共通点が多ければ多いほど仲良くなりやすく長続きしやすいということが実験で証明されているんですね。

    ただ、共通点がなければ親しくなれないわけではなく「相補性(相手と自分の足りないところを補える関係)」や「ミラーリング(相手の動作をバレないように自然に真似すること)」、「開放性の法則(相手の以外な一面を知ると好意を持ちやすくなること)」など様々なテクニックがあるのでそれらを駆使して好意を持たれる人間になることも出来るでしょう。

    好きな子を射止めることを真剣に考える生甲斐模索中でした。それでは今日はこの辺で!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    あなたは優しい人ですか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    プロフィール

    生甲斐模索中

    Author:生甲斐模索中
    みなさんこんにちは。生甲斐模索中です。
    理系大学(専攻は有機化学)を卒業。
    今は販売職をしている27歳です。

    ブログ更新が全く続きません。笑
    過去の記事は残っているので確認してみてください。
    本当なので。笑
    ミスター三日坊主とは私のことです。

    ですがふと思い立ちもう一度ブログを始めてみようかと思います。
    ゆるーくてきとーに更新していきます。
    私が面白いと思った記事を更新していくのでみてやってください。
    ニュースネタがメインになるかと思います。
    思ったことを言葉にして発信できるのは気持ちいいですね。
    社会人は我慢がいっぱいだから。。。笑

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。