人を好きになる心理”好意の返報性”

    みなさんお疲れ様です。生甲斐模索中です。最近の生甲斐がギャンブルになってきた気がします。笑

    最近雑記ばっかり投稿していたので久しぶりのメインテーマの更新になります。

    それでははじめましょー

    好意の返報性とは、自分に対して好意を持って接してきてくれる人には好意を持って接したくなるという心理のことをいいます。
    ただし、その好意はさりげないものでなくてはならないのです!わざとらしくなってしまうと何か意図があるのではないか?と疑われてしまいます。無償の愛が大事になってくるんですね。
    これは相当難しいですが異性とのコミュニケーションでも同性とのコミュニケーションでも大事なことなんです。
    好意を持ってくれているほうがコミュニケーションも円滑に進みますし、なにより自分も相手も楽しく日常を過ごせます。
    そのためには、まず自分から相手のことを好きになる必要があります。

    さらに初対面での印象が良いとこの人は良い人だというイメージが強く残ります。(初頭効果
    初対面の人をさりげなく褒めることも強烈な効果があり、相手の方はとても嬉しく感じます。(アロンソンの不貞の法則

    好意の返報性についての実験でこんな実験がありました。
    デニスリーガン博士という方は、美術鑑賞という名目で二人一組になってもらいその方に絵画の評価をするようにと指示を出しました。実は二人のうちの一人は、サクラ(実験をしている側の人間)なのです。そのサクラが休憩時間に飲み物を買いにいき、実験に参加した何組かには自分の分と相手の分を与え、他の何組かの時は自分の分しか買ってこないという行動を取りました。絵画評価が終わった後にそのサクラは被験者に対して宝クジを買わないかと問いかけてみました。さらに実験が終わった際にサクラへの印象調査を行った結果4つのグループの中で購買数に違いがあることがわかりました。

    実験終了後は好印象でかつ飲み物を買ってもらったグループ(A)
    好印象だが飲み物は貰ってないグループ(B)
    悪印象だが飲み物を貰ったグループ(C)
    悪印象なのに飲み物を貰ってないグループ(D)

    これがその4種類のグループです。

    宝クジの購買数
    (A)1.9枚
    (B)1.0枚
    (C)1.6枚
    (D)0.8枚

    この結果から印象が悪くても好意を受けた人は、相手に対して好意で返したくなるということがわかりました。
    実験の結果でも出ているのである程度は信憑性は高いと思います。

    異性や同性に好かれる人気者になるためにはまず人を好きになることを意識していくと良いのかもしれないですね。

    それでは今日はこの辺で!

    コメントの投稿

    非公開コメント

    あなたは優しい人ですか?
    このエントリーをはてなブックマークに追加
    プロフィール

    生甲斐模索中

    Author:生甲斐模索中
    みなさんこんにちは。生甲斐模索中です。
    理系大学(専攻は有機化学)を卒業。
    今は販売職をしている27歳です。

    ブログ更新が全く続きません。笑
    過去の記事は残っているので確認してみてください。
    本当なので。笑
    ミスター三日坊主とは私のことです。

    ですがふと思い立ちもう一度ブログを始めてみようかと思います。
    ゆるーくてきとーに更新していきます。
    私が面白いと思った記事を更新していくのでみてやってください。
    ニュースネタがメインになるかと思います。
    思ったことを言葉にして発信できるのは気持ちいいですね。
    社会人は我慢がいっぱいだから。。。笑

    最新記事
    最新コメント
    月別アーカイブ
    ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる